日本力(4303)復興小さな輪 から大きな輪へ 春は 明日に向かって日本の恥部

       3月  4日 木曜日 三隣亡
                          
             ミシンの日(日本家庭用ミシン工業会1990)、サ
             ッシの日(吉田工業)
             三線の日(沖縄県の琉球放送)、円の日(1869)

             藤原頼通が宇治の平等院鳳凰堂を完成(1053)
             鶴岡八幡宮、炎上 (1191)
             前野良沢・杉田玄白らが腑分けを見学(1771)
             ワシントンで、初の大統領就任式。第3代大統
             領、トマス・ジェファーソン(1801)
             江戸芝の大火(丙寅の大火)(1806)
             著作権法公布(1899)
             宝塚歌劇が戦時下不適当と休演、さよなら公
             演にファン殺到(1944)
             第1回アジア競技大会がインドで開催(1951)
             十勝沖地震。死者28人、行方不明者5人(1952)
             高見山大五郎、外国人初の関取に。引退まで、
             幕内出場1430回と史上1位。1980年、日本に
             帰化(1967)
             高野連、金属バットの使用許可(1974)


      消息筋によると 首都圏に発している緊急事態宣言の延
     長を模索しているようである

     恐らく 危ない橋を渡らない 渡らせまいとする慎重派の意
     思によるところなのであろう


     首相は来週の鼻から解除を狙っているようであるが各都県
     の首長が慎重にならざるを得ない状況にあるのも確かであ


     る 
     お利口さんにである反面 突如として範を乱し 列を崩して


     好き勝手なことをする都県民の多い事よ
     これが解除宣言を躊躇する一因である事も確かである


     日本の中核都市の一部では解除後の生活が一部規制を
     して行われ始めている 


     解除後の罹患者の増加をどうみるかに寄るのであろう
     変異種の出現が特に解除を躊躇している事も確かである


     始まったワクチン接種日本もようやっと接種にこぎつける
     ところまで来ている遅い 遅く感じるのである ここでも過去


     しがらみに憑りつかれて目の前のご馳走に憑りつけないと
     いう殻に籠ってしまっているからに外ならない


     既に行われている国ではそれなりりの効果を出している
     ようである それではダメなのであろうか


     製造国から足元を見られ供給量の減数をされていると見
     れないのか ここに来て冷凍庫の温度調節機能が働かず


     ワクティン保管に必要な温度を外れたという理由で相当数
     廃棄扱いにしてしまっている これなどの供給する側にとっ


     ても日本という国は管理が杜撰な国という印象を与えてな
     いだろうか 色々な規制の網を被せているのは今の与党


     が作り上げてきたものであろう  規制を解除するに必要
     な措置も講じることは可能であろう 絶対多数を以って


     遠慮することは無い緊急なのであるから 予防措置は世界
     も認める人権重視をした立派なものであろう しかす事ワク


     チンの導入に関してはいとも簡単に人権を無視出来るもの
     であるのではないか 美味しいワクチンが懐にあるのに手


     続きこだわって先に進ませないのは残念なことである 何も
     一つの事に3人も4人もの大臣が釈明に顔を出す必要も無


     い筈だろう これなども日本のテレワークが進まない事案で
     では無いか 恥ずかしい





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント