日本力(4317)復興小さな輪 から大きな輪へ 春は 明日に向かって邪道を無くせ

      3月 17日 水曜日 彼岸入り 甲子日  
                          
            漫画週刊誌の日、世界海の日
            ◆彼岸(雑節の一つ)

            天武天皇、「日本書紀」編纂を命じる(681)
            石山本願寺顕如が織田信長に降伏する(1580)
            イタリア王国成立(1861)
            人力車、登場(1870)
            国会開設期成同盟結成(1880)
            太平洋戦争下、硫黄島の日本軍全滅(1945)
            公職選挙法成立(1951)
            首都高建設にあたり、数寄屋橋なくなる(1958)
            初の少年向け週刊誌「少年マガジン」「少年サン
            デー」創刊。創刊号の表紙を飾ったのは、いずれ
            も当時人気のスポーツ選手。マガジンは第46代
            横綱・朝潮。サンデーは長嶋茂雄(1959)
            日本初の屋根付き球場「東京ドーム」の完工式
            (1988)
            千代の富士1000勝達成(1990)

    3月 17日 水曜日 彼岸入り 甲子日  
                          
            漫画週刊誌の日、世界海の日
            ◆彼岸(雑節の一つ)

            天武天皇、「日本書紀」編纂を命じる(681)
            石山本願寺顕如が織田信長に降伏する(1580)
            イタリア王国成立(1861)
            人力車、登場(1870)
            国会開設期成同盟結成(1880)
            太平洋戦争下、硫黄島の日本軍全滅(1945)
            公職選挙法成立(1951)
            首都高建設にあたり、数寄屋橋なくなる(1958)
            初の少年向け週刊誌「少年マガジン」「少年サン
            デー」創刊。創刊号の表紙を飾ったのは、いずれ
            も当時人気のスポーツ選手。マガジンは第46代
            横綱・朝潮。サンデーは長嶋茂雄(1959)
            日本初の屋根付き球場「東京ドーム」の完工式
            (1988)
            千代の富士1000勝達成(1990)


      4月の陽気だそうである
     日の光は 大分強くなって来つつあるが 吹く風の冷たさは

    
     真冬のそれである 桜の開花宣言の後は必ず天気が崩れ
     そして晴天が続くのであるが 冷たい風の影響か底冷えす


     るのである 家の中が暮の冷たさを引きづったままで 家の
     中でまだ暖房が必要なようで 片付けは暫く先になりそうで


     ある
     コロナウイルスの感染状況は300人台を上下しており東京


     としては下げ止まりであり  やはり気を許した際に起きる
     急激な増加に対応出来る緊急病床の確保が大変難しいの


     で更なる蜜を避ける マスクをして外出 会話をする事の
     重要性を連日のように口を酸っぱくして 医療従事者並び


     に東京と3県の自治体の長拡大防止に躍起となっている
     国民にかなりの気の緩みが起き掛かっている


     都内の某基幹病院の医療従事者から集団感染が起きたり
     としてはいけない会食をしてしまったという この病院は1


     年前の新型コロナウイルス問題が生じた時にも真っ先に
     非常事態を起こし大騒ぎしたところである
 
     否 都民のみならず国民全体が注視している 大きな病院
     という事で猶更であろう 


     今回の件で医療行政に多額の資金を国民の税金で負担さ
     せられているのが 役人や議員の会食に多くを費消されて


     いるといれても可笑しくない問題も起きているのである
     情けないことである








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント