日本力(4334)復興小さな輪 から大きな輪へ 春は 明日に向かって矛盾だらけ

      4月  3日 土曜日                                          
                                                      
            いんげん豆の日、日本橋開通記念日、ペルー日
            本友好の日、神武天皇祭

            聖徳太子、「憲法十七条」を制定(604)
            鎌倉に大地震。鶴岡礼拝殿が高潮で流失(1241)
            独眼竜政宗の十男宗勝、流罪に(1671)
            箱館・択捉島に外国船出没との知らせが、松
            前・津軽・南部の各藩に届く(1847)
            福沢諭吉が慶應義塾を開校(1868)
            雑誌「日本人」創刊(1888)
            植樹祭開始(1895)
            大隈重信と岩崎小弥太が援助して創立された東
            京フィルハーモニー、第1回公演(1910)
            新しい日本橋、開通式(1911)
            スターリン、共産党書記長となる(1921)
            切符の自動販売機が国鉄に登場(1930)
            プロ野球に初のウグイス嬢登場(1947)
            仮面ライダー、放送開始(1971)



      5月の頃の陽気が続いている 中には5月の中・下旬頃
     の陽気となっているそうである

     未だ4月の初めである このような気候が常態化してくると
     季節の呼び方も変えねばなるまい

     春という季節が無くなるか それとも 桜の咲く期間にづらす
     ということは3月が春になるのか


     そんなこともふとよぎるのである
     今年は この時期に多くの大学で色々工夫を凝らして入学


     式が行われている 又一部の大学では去年の入学生に去
     年出来なかった入学式を遅ればせながら実施する学校も


     出て来ているようである
     例年であれば 企業の入社式でその会社のトップが訓示


     で述べた事をニュースソースとして紙面を飾る事をが多い
     がどうやらそれらも自粛のようである


     あっという間の1年のように感ぜられる
     やはりいつ新型コロナウイルスから逃れられるのか毎日


     そればかり頭から離れないのが本当のところである
     幼小中高も入学式がこれからであるがどのような方法で


     行われるのであろうか 1日に東京都は公立学校の教職
     員の異動人事が発表されほぼ例年通りの異動が告示され


     たようである 何百人単位で行われる異動 今後都内の
     人口減少が取り沙汰されている昨今 そういった問題も


     出てくるのかもしれない 又1学級35人制度も徹底される
     ようであり 詰め込み授業が無くなることは大いに結構であ


     る しかし人口減で都心の町内会では 町を維持保存して
     行く上で様々な問題が出て来ているのも確かである


     住み慣れた町の面影が全くと言っていいほど無くなりビル
     に囲まれた街区で細々と商いをしている商店があれば良い


     ほうで機能しなくなっている勝手の町内が多いのも現実で
     ある


     都内でワクキチン接種も1ヶ月づれるという トップが意気
     込んで発表した日程は崩れ ましてやマイナカードと紐づけ


     も出来ないという事で今年の暮頃になるという 一方運転
     免許証と紐づけは準備怠りなしという 可笑しな話である


    




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント