日本力(4257)復興小さな輪 から大きな輪へ 冬は 明日に向かって災害はいつでも

      1月  17日 日曜日 冬土用入り 
             防災とボランテイアの日 
                                          
             湾岸戦争開戦の日

             ローマ帝国が東西に分裂(395)
             後鳥羽天皇、院政を開始(1198)
             アヴィニヨンの幽囚が終わり、教皇庁がローマ
             に帰る(1377)
             鎌倉の鶴岡八幡宮が焼失(1821)
             板垣退助らが民選議員設立建白書を提出
             (1874)
             皇后、婦人に洋服を勧告(1887)
             天然オレンジジュース発売開始(1957)
             佐世保で原子力空母寄港に反対する反日共系
             学生が警官隊と衝突。重傷者68人(1968)
             国際電話のダイヤル即時通話スタート(1971)
             大関貴ノ花引退(1981)
             アメリカ軍などの多国籍軍がイラクへの空爆開
             始。湾岸戦争開戦(1991)
             ロサンゼルス大地震(1994)
             阪神淡路大震災、午前5時46分発生。兵庫県
             南部に大被害。死者5378人、負傷2万6815人、
             家屋損壊10万9464棟(1995)


      阪神淡路大震災 平成7年(1995年)のこの日であいたね
     明け方のテレビを見ていたら 何やらいつもとは違う画面が


     映し出されていたのを 覚えてます 幾筋のものグレーがか
     った煙が天に立ち上っていたことを その煙のなかで数々の


     ドラマが生まれていったのを
     風化させてはならない人間の生き様を


     ここから防災対策の意識が従来の関東大震災に加えこの震
     災で起きた事柄で防災対策の不備 その後東日本大震災


     での津波対策での新しい指針 そして将来起きることであろ
     う南海大地震の予防・予知へとつながっていくのである


     それまで大阪は硬い岩盤の上に乗っかっているので自身は
     起きないという風潮があったの歴史が書き換えてしまったの


     である
     地震に対する数々の防災マニュアルが策定されているが今


     回のような 新型ウイルスに関しては果たしてどんなもんだ
     たのであろうか 医療機関を始めとした危機管理の対応に


     手抜かりは無かったのだろうか これからの研究次第である
     地震の被災地に乃至は今現在大地震が起き 2重 3重の


     苦難を強いられるのであることも起きうる





"日本力(4257)復興小さな輪 から大きな輪へ 冬は 明日に向かって災害はいつでも" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント